送信管アンプ写真集 (1)


100TH シングルステレオアンプ



250TH シングルステレオアンプ



WE−357A シングルステレオアンプ




WE−357Aは、プレートロス300W、μ=35、トリタンフィラメント10V/10Aで、RCA系ですと、833Aに相当します。しかしながらWE−357Aは、カッコウが面白いので、昔から人気があります。真空管マニアの旦那さんに連れられて弊社に来られた若い奥さんは、357Aを一目見るなり、なに―、これ、宇宙人みたい!!、と叫ばれたのには驚きました。なるほど、確かによく見れば、あのウエルズの小説、宇宙戦争に出てくる火星人に似ていますね。
さて、357Aはソケットが特殊ですので、自作しました。3−1000あたりのソケットのコンタクトが流用できます。プレートキャップは、807用で間に合います。フィラメント電源は、SW電源を使用。SW電源をフィラメント電源に使用することで、この種の大型管アンプは、実に作りやすく、かつ高性能になりました。以前は、SWノイズなどを心配して躊躇していた方々も、今や積極的にSW電源を使用するようになり、最近では、300Bの様な受信管クラスでも使用しているアンプもあり、こちらが逆に驚かされます。

動作はプレートロス100Wほどで軽く使用しています。OPTは現行市販品である、タムラのF−2013を使用しました。出力は、30Wほどですが、同じ出力の845アンプなどと比べても、明らかに出てくる音に迫力があります。規格に余裕が十分すぎるほどあるからなのでしょうか!? また、F−2013と357Aの相性が抜群に良かったせいかもわかりません。OPTでは個人的には、タンゴのX−10Sよりも好みの音です。F−2013のような優秀なOPTが市販されている日本は、まさに管球アンプの天国のような国だなあとつくづく思います。グリーンハンマートンのシャーシーに、トリタンの輝きが生えて、これまた、お気に入りのアンプとなってしまいました。               (2013年6月製作)


838/805/DET-16 コンパチブル シングルステレオアンプ




良質な、211が入手困難になりつつある昨今、211アンプを改造してみようという方は必見です。どんな球がよいかといえば、これまでの送信管アンプの中で、とりわけ製作しやすい、838はお勧めです。さらにこの同等管である、805はもちろん、さらに上位の、英国系の、DET−16も使用できるように考えてみた。WEファンなら、もちろんWE−331Aも使用可能である。
838と805は、805が、トッププレート電極というだけで、規格は同じである。ところが、DET−16はフィラメント規格が、10V/5.5Aと大きい。これではトランスのフィラメント巻き線容量が不足して使用できない。そこで、当初より考えていたSW電源を使用することにした。
SW電源は、負荷が変化しても、電圧変動がないので、DET−16でも、何の調整もなしで、そのまま差し替えられる。さらに、SW電源を使うことにより、ハムバランサーが不要になる。これを使わない手はない、ちょうど、シャーシーのケミコンスペースが空くのでここに配置できればよいことになる。ハムバランサーはともかく、バイアス調整用などの可変抵抗器は、数年後には必ず接触不良が起きるので、できれば使用したくない。
さて、DET−16は、805と同じトッププレート電極だが、球が一回り大きく、フィラメント規格も、10V/5.5A、プレートロスは、125Wと大きくカッコいい。 DET−16には、GEC社のほかに、英国EDISWANなどがあり、古いものには、板プレートのものもある。AT200も同等管である。いずれもハイμトライオードであり、これらのハイμB級管の音の特徴はというと、重厚かつ明瞭なトーンで、かつトリタンフィラメントによる音の抜けの良さが抜群で、845や211などの、ローμ管とは一味違った特徴である。    (2013年 9月製作)

RCA−1623シングルステレオアンプ




TAYLOR T55 シングルステレオアンプ





811Aシングルアンプを2台所有しているので、そのうちの1台を他の送信管に改造できないかとの相談が弊社のお客様から持ちかけられました。811Aと同じクラスの球には、例の808や800などがありますが、ちょっとだけ珍しい球に、T−55という送信管があります。開発は、米国のTAYLOR社で、他には、T−20やT−40などがあり、ご存知の方も多いと思います。今回は、CBS社のT−55を用い、整流管には元々、5AR4が2本使用されていたところに、水銀整流管、866JRを用いたところ、音も良し、見ても楽しいアンプに仕上がりました。
また、
このアンプの目玉は、なんといっても866JRの動作中の姿でしょう。866JRは、866のちょうど半分の規格ですので、このぐらいのアンプでしたら、おおげさすぎずに使用できます。青白く光る水銀整流管は、見るからに楽しい球で、秋の夜長を楽しむにふさわしいアンプとなりました。 (2013 10月製作)


35T シングルステレオアンプ





75T PPステレオアンプ





75T シングルステレオアンプ





75TLは、プレートロス、75Wのタンタルアノードの3極送信管である。以前、PPとしたアンプを製作したが、やはりシングルでの音が聴いてみたくなり製作した。トリタンフィラメントはステンのシャーシにピッタリだ。
75TLは、211並であるので、設計製作ともに簡単だが、プレートロスは最大75Wと小さいのでこれを超えないように注意しなくてはならない。タンタルアノードは赤熱させることで、音の透明度が一段と増すことを経験しているので、アノード電圧900V、電流は65mAと設定する。プレートロスが50W程度で赤熱する。
フィラメントは、5V/6Aなので、SW電源を使用する。SW電源を使用する場合、ON時のフィラメントへの突入電流対策は必須である。この対策無しで、容量の大きいSW電源を使用すると、何度かON/OFFを繰り返すうちに、フィラメントを焼損する恐れがある。また発熱とノイズ対策も重要で、狭いシャーシー内に押し込んではトラブルの元である。そこで今回はフィラメント電源は別筺体として、ケーブルでアンプ本体と接続するようにした。このフィラメント電源は、別のアンプにも使用できるというメリットもある。   (2017年10月製作)